Aeye GX
1分で読む
AI目線〜最新GXニュース

Home > 日本の地域脱炭素化に向けた具体的取り組み

日本の地域脱炭素化に向けた具体的取り組み

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア: 2023/11/07
  1. 01地域脱炭素ロードマップの策定
  2. 022025年までに100ヵ所の脱炭素先行地域指定
  3. 03横浜市における大都市脱炭素化モデル
日本政府は2030年度までに温室効果ガスを46%削減する目標を掲げ、地域主導の取り組みとして「地域脱炭素ロードマップ」を策定。2025年度までに脱炭素先行地域を100ヵ所以上指定し、それぞれの地域特性に応じた施策を展開。例えば横浜市では、再生可能エネルギーの活用や大規模地域冷暖房システムの導入を進める計画がある。これらの動向は、地方創生や環境政策の観点からビジネスパーソンにとって注目すべき内容である​​。

All News

再生プラスチック活用によるデータセンターストレージの進化

日立ホームページ
2023/10/5
再生プラスチック活用によるデータセンターストレージの進化
近年、デジタルトランスフォーメーションの推進によりデータセンターの新設が増え、ストレージの需要が高まっている。これに伴い、ストレージの省電力化と再生プラスチックの利用による環境負荷の削減が重要視されている。ストレージはデータの保管に不可欠で、その省資源化と性能向上が求められている。環境に配慮しながら効率的なデータ管理を実現する取り組みが進行中である​。
もっと見る→

日立のAI技術による脱炭素支援

日立ホームページ
2023/10/10
日立のAI技術による脱炭素支援
日立製作所が開発した「脱炭素シナリオシミュレーター」は、自治体が脱炭素に向けたロードマップを効率的に考える支援を提供。石狩市では、このシミュレーターを利用し、脱炭素と経済・福祉の両立に向けた未来シナリオを多数生成、分析している​1​。
もっと見る→

ESG投資進行の新しい架け橋:企業と投資家を繋ぐデジタルプラットフォーム

coki
2023/10/13
ESG投資進行の新しい架け橋:企業と投資家を繋ぐデジタルプラットフォーム
日立製作所、3メガバンク、および大手保険会社によって構成される一般社団法人が、ESG投資を促進するデジタルプラットフォーム、SFP-ESSをローンチしました。この新しいプラットフォームは、上場企業と運用機関の間でのESG情報の開示を促進し、相互理解を深める目的があります。これにより、企業は運用機関からのフィードバックを受け取り、ESG情報の開示を改善し、投資家はより良い情報に基づいて投資判断を下すことが可能となります​。
もっと見る→

COP28概要と日立の参画

日立ホームページ
2023/10/13
COP28概要と日立の参画
COP28は気候変動対策を議論する国連会議で、2023年11月30日から12月12日にUAEのドバイで開催。日立は環境省の「ジャパン・パビリオン」に出展し、サステナビリティに関する取り組みを紹介。COPの歴史やパリ協定の目標も解説されている​。
もっと見る→

東京23区温室ガスゼロ宣言の発表

日本放送協会 NHKニュース
2023/10/16
東京23区温室ガスゼロ宣言の発表
東京23区の特別区長会は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指す共同宣言を発表。中小企業への脱炭素化支援や再生可能エネルギー利用の促進などが具体的な対策として挙げられている​。
もっと見る→

三菱商事のオーストラリア石炭鉱山売却計画

日本放送協会 NHKニュース
2023/10/18
三菱商事のオーストラリア石炭鉱山売却計画
三菱商事は、オーストラリアの石炭鉱山を最大3000億円で売却する計画を発表。売却は資産の集約と将来のリチウムやニッケルへの投資拡大を目的としている​。
もっと見る→

RE100参加企業の再生可能エネルギー推進策

coki
2023/10/24
RE100参加企業の再生可能エネルギー推進策
RE100イニシアチブの目的と、2050年までに企業活動で使用する電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことを目指す企業の取り組みについて説明しています。2023年9月現在で、富士通、パナソニック、ソニー、NEC、セイコーエプソンなど、80社以上が日本国内でこのイニシアチブに参加しています。特に、RE100に加盟するIT企業がどのように再生可能エネルギーの利用を拡大しているのか具体的な事例が紹介されています​。
もっと見る→

レインガーデンの実践: 環境保全と地域コミュニティ強化へのステップ

ミラサス
2023/10/30
レインガーデンの実践: 環境保全と地域コミュニティ強化へのステップ
レインガーデンは雨水を保持し、自然の浸透を促進し、地下水再生を支援し、洪水リスクを減少させる革新的な概念であり、これにより都市の緑化が進み、生態系の健康が向上します。設置は地域住民の協力と参加を促し、環境教育の機会を提供し、地域コミュニティの結束を強化します。国土交通省はレインガーデンの普及と発展を積極的に推進し、ヒートアイランド対策としての利用を含めています​。
もっと見る→

2021年環境産業市場の回復と分野別成長動向

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2023/10/30
2021年環境産業市場の回復と分野別成長動向
2023年6月、環境省は2021年環境産業の市場規模が約108.1兆円で、前年比で2.3%増加したと発表。特に環境汚染防止分野が11.3兆円、地球温暖化対策が35.3兆円を記録。雇用規模も約279.7万人と前年比で1.8%増加しており、環境産業の成長が経済と雇用に貢献している​。
もっと見る→

2021年度の低炭素社会実行計画進捗状況と業種別評価

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2023/10/30
2021年度の低炭素社会実行計画進捗状況と業種別評価
政府は2023年6月に2021年度の地球温暖化対策計画の進捗をまとめ、3分の1を超える業種が2030年度の目標を達成。各種業界団体が掲げる低炭素社会実行計画の評価で、114のうち40の業種がA評価を獲得。全体の約9割の業種で削減が進んでおり、2021年度の実質排出量は2013年度比で20.3%減少している​。
もっと見る→

COP会議の概要と気候変動への国際的対応

脱炭素ポータル
2023/10/30
COP会議の概要と気候変動への国際的対応
COPは国際的な環境問題を議論し対策を促進する重要な会議で、政府、学者、NGO等が参加。具体的な行動計画の策定や国際的合意が目指され、気候変動問題の解決に向けて多国間での合意形成を進める場となっています​。
もっと見る→

経産省のネガティブエミッション技術によるCO2除去産業化計画

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2023/10/31
経産省のネガティブエミッション技術によるCO2除去産業化計画
経済産業省は2050年のカーボンニュートラルを目指し、2023年6月に大気中の二酸化炭素(CO2)除去を行うネガティブエミッション技術(NETs)の産業化に向けた市場創出の方向性を整理しました。このとりまとめでは、税額控除や政府買い取りを含む政府の支援、カーボンクレジットの活用、新たなビジネスモデルの事例発信などが挙げられています​。
もっと見る→

G7都市大臣会合における脱炭素化への取り組み強化

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2023/11/1
G7都市大臣会合における脱炭素化への取り組み強化
G7主要7ヵ国の都市大臣が2023年7月、香川県高松市で開催された会合で脱炭素化を含む共同声明を採択。温室効果ガス排出実質ゼロの目標設定や、緑地・水辺の保全が強調された。また、香川・高松原則を通じ、地方自治体や国際社会との協力強化が提案された。ビジネスパーソンは都市開発や環境政策における新たな動向を注視すべき​。
もっと見る→

CDPによる企業の気候変動対策評価と情報開示の重要性

coki
2023/11/2
CDPによる企業の気候変動対策評価と情報開示の重要性
CDPは、気候変動や温室効果ガス排出削減の戦略を評価・情報開示する国際環境NGO。18700以上の企業がデータを開示し、機関投資家にとって情報開示は重要。CDPは質問書送付、スコアリング、外部情報開示の流れで企業評価。メリットには、ESG投資獲得機会増加、環境取り組み証明、サステナビリティ進捗把握、TCFD情報開示準備が含まれる​​​​​​​​​​​​。
もっと見る→

サンノゼ市のスマートシティ戦略とカーボンニュートラルへの道

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2023/11/6
サンノゼ市のスマートシティ戦略とカーボンニュートラルへの道
サンノゼ市は、2030年のカーボンニュートラル達成を目指しており、建築、輸送、エネルギーの脱炭素化に取り組んでいます。電動車への移行や公共交通機関の推進、そして再生可能エネルギーによる電力供給を目指す電力公社「San Jose Clean Energy」の設立が特筆されます。日本のビジネスパーソンにとって、サンノゼの先進的なエネルギー管理やスマートシティの取り組みは、脱炭素化や都市開発の新たなモデルとして参考になります​​​​​​。
もっと見る→

政府の脱炭素化に向けた補正予算案と新国債の発行

日本放送協会 NHKニュース
2023/11/7
政府の脱炭素化に向けた補正予算案と新国債の発行
政府は、脱炭素化社会の実現に向け、新たな国債「GX経済移行債」を活用し、今年度の補正予算案に住宅の省エネ対策や電気自動車に必要な蓄電池の生産設備整備支援策を含む投資促進策を盛り込みました。また、この国債は、脱炭素化社会への移行を促進する「トランジション・ボンド」として認められ、年度内に発行が予定されています。岸田総理大臣は今後3年間で2兆円規模の支援策を通じて民間事業者の投資を促進する方針を表明しました​​​​​​。
もっと見る→

西武鉄道の再生可能エネルギーへの完全移行計画

日本放送協会 NHKニュース
2023/11/7
西武鉄道の再生可能エネルギーへの完全移行計画
西武鉄道は、2024年1月から東京都と埼玉県の12路線で使用する電力を全て再生可能エネルギー由来に切り替えます。太陽光や風力発電で得られる「非化石証書」を購入し、電車の運行や駅の電力使用を実質的に二酸化炭素排出ゼロとします。この取り組みにより、西武鉄道は年間約15万7000トンのCO2削減を見込んでいます。政府は2030年代に鉄道分野のCO2排出量を2013年度比46%削減する目標を掲げており、西武鉄道のこの取り組みは、業界全体の脱炭素化に貢献するものです​​​​。
もっと見る→

浪江町の家庭向け水素サプライチェーン構築実証実験

日立ホームページ
2023/11/7
浪江町の家庭向け水素サプライチェーン構築実証実験
福島県浪江町で、水素を家庭に届ける実証実験が進行中です。水素を小型シリンダーに充填し、家庭での燃料電池による発電に使用します。これにより、CO2排出の削減に貢献し、ゼロカーボンシティ実現を目指しています。
もっと見る→

加藤軽金属工業のSDGsに基づく経営革新

coki
2023/11/8
加藤軽金属工業のSDGsに基づく経営革新
加藤軽金属工業株式会社は、アルミニウム押出型材製造においてSDGsを重視した経営改革を進めている。若き3代目社長のもと、社内改革、顧客ニーズへの対応、付加価値の提供を実施。また、温室効果ガスの削減、再生可能エネルギーの利用を通じて「グリーンアルミニウム」と「再生アルミニウム」の使用を推進している。省エネ対策として、電力消費の削減や自家発電の導入、CO2排出量の見える化にも取り組んでいる。
もっと見る→

COP28における気候変動対策の新たな局面

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2023/11/8
COP28における気候変動対策の新たな局面
COP28では、気候変動対策の進捗を評価するグローバル・ストックテイクと、途上国支援のロス&ダメージ基金の具体化が重要な議題です。気候変動の現状とエネルギー供給の不安定化を受け、温室効果ガス削減の更なる強化が求められています。日本企業やビジネスパーソンは、環境政策や脱炭素への対応強化を視野に入れる必要があります​​​​​​。
もっと見る→

電炉CCS法を用いた新しいプラスチックリサイクルの展望

ミラサス
2023/11/10
電炉CCS法を用いた新しいプラスチックリサイクルの展望
株式会社サティスファクトリーは「電炉CCS法」という新しいケミカルリサイクル法を紹介しました。これにより、従来リサイクル困難だった複雑な部品構成や複合素材を含む廃棄物も再資源化が可能になります。この方法はプラスチック中の炭素を鉄に取り込み、二酸化炭素排出量の削減にも貢献します。
もっと見る→

エコビレッジの現状と未来の展望

ミラサス
2023/11/11
エコビレッジの現状と未来の展望
エコビレッジは、持続可能な生活を実現するコミュニティで、再生可能エネルギー利用や自然資源保護を行います。しかし、都市部からの距離やアクセスの限定がデメリット。今後の発展が期待される一方で、都市部の利便性とのギャップは課題です。
もっと見る→

エコロジカルフットプリントの理解とその課題

ミラサス
2023/11/11
エコロジカルフットプリントの理解とその課題
エコロジカルフットプリントは、人類の生活が地球環境に与える影響を数値化する指標です。水、食品、エネルギーの消費量や廃棄物の排出量を基に計算され、環境負荷の理解に役立ちます。しかし、すべての環境影響を正確に計測できない点や、計算方法の地域差が課題です。
もっと見る→

ブルーカーボンのビジネスと環境への影響

ミラサス
2023/11/14
ブルーカーボンのビジネスと環境への影響
ブルーカーボンは海洋生態系が二酸化炭素を吸収・貯蔵する現象で、気候変動緩和に寄与します。しかし、生態系の繊細さが課題で、保全が必要です。ブルーカーボンクレジット制度を通じ、企業は炭素排出量を相殺し、環境責任を果たすことが可能です。これは新たなビジネス機会をも生み出しています。
もっと見る→

DNP GreenADによるデジタル広告のCO2排出削減効果

SDGs ニュース
2023/11/14
DNP GreenADによるデジタル広告のCO2排出削減効果
大日本印刷株式会社はOpenX Technologiesと協力し、デジタル広告のCO2排出量削減を実現する「DNP GreenAD」を提供。ユニリーバ・ジャパンのトライアルにて、環境配慮型設計でCO2排出量を58.1%削減し、CTRも2.2倍に向上。サーバー稼働や通信量に伴うエネルギー消費・CO2排出を計測し、削減に貢献​​​​​​。
もっと見る→

DNPとUDCKが脱炭素社会への一歩を踏み出す

SDGs ニュース
2024/2/9
DNPとUDCKが脱炭素社会への一歩を踏み出す
大日本印刷株式会社(DNP)と柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)は、脱炭素をテーマにした「まちづくり」ワークショップを実施し、その成果を柏の葉エコWEEKENDで発表。このイベントでは、環境保全活動やサステナブルファッションなど、地域住民と自治体が共同で行動変容を促す具体的なアクションを提案しました。この取り組みは、DNPの行動デザインメソッドを用いており、行動変容を促すナッジカードを活用しています。
もっと見る→

TOSEIが太陽光発電で持続可能な生産を実施

SDGs ニュース
2024/1/16
TOSEIが太陽光発電で持続可能な生産を実施
株式会社TOSEIは静岡県伊豆の国市の静岡事業所で、太陽光発電システムを利用した業務用洗濯機器と真空包装機器の生産を開始しました。この取り組みにより、年間約282MWhの発電量と年間約128tのCO2排出量削減が見込まれます。これはTOSEIにとって再生可能エネルギーを利用した初の試みであり、カーボンニュートラル実現に向けた重要なステップです。
もっと見る→

革新的リサイクル技術でSDGsへの挑戦

SDGs ニュース
2024/1/12
革新的リサイクル技術でSDGsへの挑戦
ホクトセブンとネイスが共同開発したReGarは、過熱水蒸気を使用して廃棄物を炭化・油化し、CO2削減と資源の再利用を実現するリサイクル技術です。この技術は、ダイオキシンの発生を防ぎ、カーボンニュートラルに貢献します。
もっと見る→

革新的な医薬品輸送でCO2削減を実現

SDGs ニュース
2023/12/28
革新的な医薬品輸送でCO2削減を実現
フロイント産業とメディセオが医薬品添加剤の輸送でモーダルシフトを実施し、鉄道コンテナ輸送を利用することによりCO2排出量を70%削減。この取り組みは、ドライバーの労働環境改善と事故・遅配の削減にも寄与し、2024年の物流問題への対応策としても期待されています。
もっと見る→

TOPPANエッジのカーボンニュートラル化への挑戦

SDGs ニュース
2023/12/21
TOPPANエッジのカーボンニュートラル化への挑戦
BSIグループジャパンはPAS 2060に基づき、TOPPANエッジ株式会社のカーボンニュートラル化を検証・証明しました。この取り組みはクレジットカード製造での環境負荷を低減し、脱炭素社会への貢献を目指すものです。
もっと見る→

環境負荷を考慮したECOボードの市場拡大

SDGs ニュース
2023/12/20
環境負荷を考慮したECOボードの市場拡大
GERMAN HOUSE株式会社が「木から生まれた断熱材ECOボード」の販路拡大を行い、気候変動に対抗するためのエネルギー消費抑制に貢献。この製品は、夏冬の快適性向上、調湿性による健康への配慮、及び環境負荷低減を実現します。
もっと見る→

スカラと伊丹市のカーボンニュートラルへの挑戦

SDGs ニュース
2023/12/8
スカラと伊丹市のカーボンニュートラルへの挑戦
株式会社スカラは、兵庫県伊丹市のカーボンニュートラル目標達成に向け、企業版ふるさと納税を通じて500万円を寄付。この取り組みは、伊丹市が森林自治体や海洋自治体と協力し、地域循環共生圏を形成し、ソーシャルクレジットの売買を促進するもので、脱炭素社会実現に貢献します。
もっと見る→

世田谷区とNTTのカーボンニュートラル目指す協力

SDGs ニュース
2023/11/28
世田谷区とNTTのカーボンニュートラル目指す協力
東日本電信電話株式会社と世田谷区は、2050年カーボンニュートラルの目標達成に向けて連携協定を締結。再生可能エネルギー普及やバイオガス発電など複数の持続可能な取り組みを推進。この協力は地域の課題解決と
もっと見る→

ブルーカーボン活用で企業が踏み出すべき新たな一歩

coki
2024/1/25
ブルーカーボン活用で企業が踏み出すべき新たな一歩
ブルーカーボンとは、海洋生物が光合成で吸収したCO2を蓄積した炭素のことで、地球温暖化対策の新しい選択肢として注目されています。海草やマングローブ林などがこのブルーカーボンを蓄積する主要な源であり、企業はこれらの生態系の保全や再生を通じて、環境保全、ESG評価の向上、技術研究の推進に貢献できます。
もっと見る→

カーボンフットプリントと企業のESG戦略

coki
2023/12/23
カーボンフットプリントと企業のESG戦略
この記事は、カーボンフットプリントの概念、その計算方法、及び脱炭素への取り組みの重要性に焦点を当てています。また、再生可能エネルギーの活用やサプライチェーンの持続可能性強化の方法について説明し、企業のESG戦略においてカーボンフットプリント管理がどのような役割を果たすかを実例を交えて解説しています。
もっと見る→

2024年度から変わる温室効果ガス報告制度

脱炭素ポータル
2024/2/8
2024年度から変わる温室効果ガス報告制度
2024年度から適用される新しい温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度には、算定対象活動や排出係数の見直し、廃棄物の原燃料使用の位置づけ変更、電気及び熱に関する証書の使用上限設定、都市ガス及び熱の事業者別係数の導入が含まれます。これらの変更は、より正確な排出量の算定と報告を目指し、温室効果ガスの排出削減に向けた取り組みを促進するために行われます。
もっと見る→

COP28の成果とパリ協定の進捗

脱炭素ポータル
2024/1/17
COP28の成果とパリ協定の進捗
COP28では、気候変動対策の進捗を評価するGSTが初めて実施され、ロス&ダメージに対応する新たな基金の設立が決定されました。また、日本は脱炭素技術や気候変動適応技術の投資促進支援パッケージを発表し、ジャパン・パビリオンを通じてその技術と取り組みを国際的に発信しました。
もっと見る→

EUのCBAMとカーボンプライシングの影響解析

脱炭素ポータル
2023/12/26
EUのCBAMとカーボンプライシングの影響解析
EUによる炭素国境調整措置(CBAM)は、国際貿易における炭素価格の平準化を目指し、2023年5月に施行されました。この措置は、カーボンリーケージを防ぎつつ、環境負荷の高い生産活動に対する国際的な圧力を強化することで、グローバルな温室効果ガス削減を促進することを目的としています。日本を含む非EU国における影響としては、国内産業の競争力保持や国際基準への適応が求められる中、CBAM対応のための政策や企業戦略の再構築が必要となっています。
もっと見る→

冬の省エネ・節電に貢献する脱炭素アクション

脱炭素ポータル
2023/12/13
冬の省エネ・節電に貢献する脱炭素アクション
2023年12月13日に掲載された「省エネ・節電効果のある脱炭素アクションのご紹介(2023年度 冬編)」では、ヒートショック対策、家庭やビジネスでの省エネ・節電につながる脱炭素アクション(デコ活)の紹介、事業者向けの省エネ取組事例や補助事業が紹介されています。これらの取り組みは、健康や家計に優しく、地球環境保護にも貢献します。
もっと見る→

リジェネラティブ: サステナブルを超える新潮流

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/1/9
リジェネラティブ: サステナブルを超える新潮流
リジェネラティブとは、環境を現状よりも良い状態に再生させる考え方であり、サステナブル(持続可能)と比較して、さらに積極的な環境再生を目指す概念です。農業を中心に、ファッション、建築、ツーリズム、水産業など多岐にわたる分野で取り入れられています。このアプローチは、地球環境の改善だけでなく、社会や経済にも肯定的な影響を及ぼすことが期待されています。
もっと見る→

環境問題に挑む革新的スタートアップ10選

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2023/12/21
環境問題に挑む革新的スタートアップ10選
「J-Startup Impact」に選出された、環境問題への取り組みが顕著なスタートアップ10社を紹介。自然電力は再生可能エネルギーの普及に貢献、坂ノ途中は持続可能な農業を推進、WOTAは独自の水循環システムで水問題に挑むなど、各社が環境改善に向けた独自の技術やサービスを展開している。
もっと見る→

令和6年度スマートシティ予算のポイント

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2024/1/20
令和6年度スマートシティ予算のポイント
令和6年度環境省エネ特予算案では、再エネ導入、ZEB化・省CO2化の普及加速、デコ活推進など、スマートシティ関連の補助金・委託費事業が注目されています。これらの事業は、脱炭素社会実現に向けた地域共生型の再エネ導入、建築物のエネルギー効率向上、新しい豊かな生活様式の創出を目指しています。
もっと見る→

COP28の成果:化石燃料脱却と再エネ増加の約束

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2023/12/29
COP28の成果:化石燃料脱却と再エネ増加の約束
COP28では、化石燃料からの転換、再エネ導入量の3倍増、メタンガス削減へのコミットメントが確認された。これらの合意は、2050年のネットゼロ目標達成へ向けた重要なステップとして、今後の気候変動対策の方向性を示している。
もっと見る→

日立、グリーンエネルギーで未来を描く 二酸化炭素の捕捉、利用、貯蔵(CCUS)に注目 高効率化によるCO2排出削減の取り組み

日立ホームページ
2023/11/16
日立、グリーンエネルギーで未来を描く
二酸化炭素の捕捉、利用、貯蔵(CCUS)に注目
高効率化によるCO2排出削減の取り組み
日立は、地震リスクが低く、二酸化炭素の貯蔵に適した地質が存在するオーストラリアで、二酸化炭素を捕捉、利用、貯蔵する(CCUS)技術を活用し、「アンリーシュ2020」で発表された「炭素価格」の見直しに関与しています。さらに、日立は太陽光発電、風力発電、水力発電などのグリーンエネルギーの普及促進に取り組んでおり、これにより、持続可能な開発の一角を担っています。
もっと見る→

ヒタチの脱炭素ソリューション進化 エネルギー責任者の役割提言 再生可能エネルギー上手な使い方

日本放送協会 NHKニュース
2024/1/24
ヒタチの脱炭素ソリューション進化
エネルギー責任者の役割提言
再生可能エネルギー上手な使い方
ヒタチが提供する解決策は、実際にはもはや脱炭素化ではなく、一種の「炭素変換」であると、ヒタチ研究所のチャクラバティ博士は語る。エネルギー責任者は、その会社の電力購入、エネルギー効率、再生可能エネルギーの導入などを視野に入れた戦略的な役割を果たします。再生可能なエネルギー源から得られる電力は一貫して生産されていないため、それをどのように効率的に使うかが問われている。
もっと見る→

日立の革新が拓くカーボンニュートラル変革

日本放送協会 NHKニュース
2024/1/17
日立の革新が拓くカーボンニュートラル変革
日立が推進するカーボンニュートラル変革では、持続可能な未来を目指すためのデジタル技術の活用が中心となっています。温室効果ガスの削減方法として、エネルギー管理や効率化が重視されているほか、スマートシティプロジェクトを通じてさまざまな革新的な試みが行われています。これらの取り組みは、環境問題への新しいアプローチを提示しつつ、企業や地域社会が相互に協力する重要性を強調しています。
もっと見る→

世田谷区とNTT東日本がカーボンニュートラルへ

日本放送協会 NHKニュース
2023/12/25
世田谷区とNTT東日本がカーボンニュートラルへ
東日本電信電話株式会社と世田谷区が2050年カーボンニュートラルの実現に向けて協定を締結。この協力は、地域社会の持続可能な循環型社会づくりに貢献し、再生可能エネルギー普及など具体的な脱炭素化行動を促すものです。
もっと見る→

日本製鉄とUSスチールの革新的買収

日本放送協会 NHKニュース
2023/12/20
日本製鉄とUSスチールの革新的買収
日本製鉄がアメリカのUSスチールを約2兆円で買収合意。この動きは脱炭素化を中心に日米鉄鋼業界の連携を深め、安定的な成長が見込まれるアメリカ市場での事業展開を加速させることに期待されています。
もっと見る→

脱炭素社会への大胆な投資戦略

日本放送協会 NHKニュース
2023/12/19
脱炭素社会への大胆な投資戦略
2024年度予算案において、脱炭素社会の実現を目指し、再生可能エネルギー設備への投資が重視されています。具体的には、フィルム型次世代太陽電池や「浮体式」洋上風力発電への1749億円の支援が計画されており、教員の働き方改革や災害対策のための上下水道工事にも予算が配分されています。
もっと見る→

日本とASEANの脱炭素化への共同歩み

日本放送協会 NHKニュース
2023/12/18
日本とASEANの脱炭素化への共同歩み
日本とASEAN首脳は、アジアの脱炭素化に向けた「アジア・ゼロエミッション共同体」構想の実現を目指し、東京で会合を開催しました。会合では、様々なアプローチが必要とされる脱炭素化に向けた政策やプロジェクトの支援方法について意見交換が行われ、日本の技術を活用した協力の方向性についても確認されました。特に、インドネシアのジャカルタには「アジア・ゼロエミッションセンター」を設立することが決定されました。
もっと見る→

13兆円規模の脱炭素支援策

日本放送協会 NHKニュース
2023/12/15
13兆円規模の脱炭素支援策
政府は脱炭素社会実現のため新たな国債「GX経済移行債」を活用し、水素エネルギー普及や二酸化炭素排出量が多い業界への支援を含む13兆円規模の民間投資支援策を発表しました。これにより、次世代エネルギーの普及、生産設備の転換支援、蓄電池・半導体・原子力の分野への投資が進められます。
もっと見る→

ENEOSとあわら市のSDGs連携強化

SDGs ニュース
2024/2/15
ENEOSとあわら市のSDGs連携強化
ENEOS株式会社は、あわら市との包括連携協定を通じて、脱炭素化、観光振興、BCP対策に取り組むことを発表しました。この協定により、再生可能エネルギーを活用したEVカーシェアサービスの展開や、地域社会の活力と発展を目指しています。北陸新幹線の開業に合わせた観光振興策として、芦原温泉駅前エリアへのEVカーシェアサービスの導入が計画されており、将来的には災害時の非常用電源としてEVを活用することも検討されています。
もっと見る→

ビーエイチエヌが未利用資源バンクを立ち上げ

SDGs ニュース
2024/2/14
ビーエイチエヌが未利用資源バンクを立ち上げ
ビーエイチエヌ株式会社は、未利用資源の有効活用を目的としたマッチングサイト「未利用資源バンク(R)」を立ち上げ、2024年2月中旬に本格稼働を開始します。このサイトは、農林畜水産物の規格外品や加工残さなどの未利用資源を抱える生産者と、それらを活用したい企業や個人を無料で結びつけるプラットフォームです。サービスの本格稼働に先駆けて、事前登録の受付が行われています。
もっと見る→

再生可能エネルギー普及のためのFITとFIP制度

coki
2024/2/15
再生可能エネルギー普及のためのFITとFIP制度
本記事では、導入背景及び新たに導入されたFIP制度との違いについて解説しています。FIT制度では、再生可能エネルギーを電力会社が一定価格で買い取り、その普及を促進してきました。しかし、その課題を解決するためにFIP制度が導入され、買取価格の固定ではなく市場価格にプレミアムを上乗せする形での支払いが行われるようになりました。この制度の違いと導入により再生可能エネルギーのさらなる普及と効率化が期待されています。
もっと見る→

ASEANにおけるSDGsスタートアップとユニコーン企業の成長

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/2/15
ASEANにおけるSDGsスタートアップとユニコーン企業の成長
ASEAN地域のスタートアップがSDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」に沿って急速に成長している様子を紹介。スタートアップとユニコーン企業の定義と違い、シンガポールのVFlow Tech、マレーシアのCARSOME、タイのRicult、インドネシアのJ&T Expressなどが挙げられ、それぞれがSDGsへの貢献と地域の発展にどのように貢献しているかを解説しています。
もっと見る→

CCS技術実用化に向けた政府の新法案

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/13
CCS技術実用化に向けた政府の新法案
政府は二酸化炭素を地中深くに貯留するCCS技術の実用化に向け国が指定した区域での試掘権や貯留権を公募によって選ばれた事業者に与え、二酸化炭素漏れに対する賠償責任も定めています。また,水素普及に向けた補助金制度の創設を含む新法案も閣議で決定しています。,
もっと見る→

佐賀で中小企業の脱炭素支援コンソーシアム発足

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/15
佐賀で中小企業の脱炭素支援コンソーシアム発足
佐賀県において、佐賀銀行、県、九州地方環境事務所が中心となり、中小企業の脱炭素経営を支援する「SAGA ネットゼロ・コンソーシアム」が設立されました。この新組織は、地域企業の脱炭素化に向けた具体策の助言や啓発活動を行い、地域全体での脱炭素経営の体制づくりを目指します。カーボンニュートラル実現に向けた中小企業の支援が強化されることが期待されます。
もっと見る→

宮古島に誕生した革新的ゼロエネルギーリゾート

SDGs ニュース
2024/2/22
宮古島に誕生した革新的ゼロエネルギーリゾート
エグチホールディングス株式会社は、宮古島に日本初のゼロエネルギーリゾート「クラス・ザ・ファースト」を開業。このリゾートは、太陽光発電と大型蓄電池により全エネルギーを賄い、大気から水を作り出す技術を採用しています。プライバシーと持続可能性の融合、快適な居住空間、サステナブルなライフスタイルの推進を特徴としており、地球に優しいリゾート体験を提供しています。
もっと見る→

気候変動対策の新時代:洪水リスクファインダー

SDGs ニュース
2024/2/20
気候変動対策の新時代:洪水リスクファインダー
MS&ADインターリスク総研は、全世界の気候変動リスクと洪水リスクを評価できるSaaS型プラットフォーム「洪水リスクファインダー」をリリース。このプラットフォームは、企業が自社の拠点情報を登録することで、現在および将来の洪水リスクを詳細に評価でき、高解像度のリスク評価をリーズナブルな価格で提供し、TCFD開示の活用促進や企業の効果的なリスクマネジメントを支援します。
もっと見る→

サーキュラーエコノミー導入のグローバル事例紹介

coki
2024/2/22
サーキュラーエコノミー導入のグローバル事例紹介
この記事では、サーキュラーエコノミーの概念と、それを採用している国内外の企業の具体的な事例を紹介しています。サーキュラーエコノミーは、資源の有効活用と廃棄物の削減を目指す経済モデルであり、持続可能な開発に寄与する重要な取り組みです。記事では、リサイクル技術、持続可能な製品設計、資源の再利用など、様々なアプローチを通じてサーキュラーエコノミーを実践している企業の例を挙げ、その実施による環境への貢献やビジネスモデルの革新について解説しています。
もっと見る→

福岡市のAIを活用した都市施設改革

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2024/2/22
福岡市のAIを活用した都市施設改革
福岡市は、清掃工場や水道施設の課題解決を目指し、AIを活用した6つのテーマに関するアイデアを公募しました。これらの取り組みは、ごみ分別の精度向上、CO2排出量の削減、そして下水処理場での発電など、都市インフラの持続可能な改革と市民の生活向上を
もっと見る→

奈良県の太陽光発電とグリーン水素プロジェクト

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2024/2/22
奈良県の太陽光発電とグリーン水素プロジェクト
奈良県が県有地で大規模太陽光発電設備を新設し、発電した電気で水素を製造するプロジェクトを始動。この取り組みは脱炭素目標達成と産業振興、防災の拠点としての役割を担います。奈良県知事による発表では、太陽光発電と水素を脱炭素社会実現の中核と位置づけ、県内企業のエネルギー源としての活用を目指します。
もっと見る→

日立の革新的トライブリッド列車開発物語

日立ホームページ
2024/2/20
日立の革新的トライブリッド列車開発物語
日立レールが欧州初のトライブリッド鉄道車両「Blues」を開発。このプロジェクトは、イタリアの大手鉄道会社向けで、電気、バッテリー、ディーゼルエンジンの三つの動力源を持ち、従来のディーゼル車両と比べてCO2排出量を50%削減。この取り組みは、持続可能な社会の実現に向けた日立の貢献を示しています。
もっと見る→

金融庁、企業の温室効果ガス開示義務化

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/19
金融庁、企業の温室効果ガス開示義務化
金融庁は、脱炭素社会実現に向け、上場企業に対し温室効果ガス排出量の開示を義務づける方針を発表。有識者会議を設置し、法改正も視野に具体的な検討を進めることとなりました。この取り組みは、グローバルに事業を展開する企業を初期対象とし、EUの動きに準じた開示義務化を目指します。
もっと見る→

JR東海・西日本のCO2排出量実質ゼロサービス

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/15
JR東海・西日本のCO2排出量実質ゼロサービス
JR東海とJR西日本が、法人契約をしている企業の社員が東海道・山陽新幹線を利用する際、追加料金を支払うことで移動に伴う二酸化炭素の排出量を実質的にゼロにできる新サービスを導入。このサービスは4月から開始予定で、電力は実質的に再生可能エネルギー由来のものを使用します。
もっと見る→

三井物産とみずほが脱炭素化を加速

2024/2/22
三井物産とみずほが脱炭素化を加速
三井物産、みずほ銀行、みずほイノベーション・フロンティア、e-dashの4社は資本業務提携を締結。三井物産はe-dashに追加出資し、総額25億円を資金調達。サプライチェーン全体の脱炭素化と産業の構造転換支援の仕組み構築を目指す。
もっと見る→

新日本リプラスによるプラスチックリサイクルの恩恵

coki
2024/2/26
新日本リプラスによるプラスチックリサイクルの恩恵
千葉市卸売市場協力会と新日本リプラスの協働によるプラスチックリサイクル活動が地域社会への貢献と環境保護を実現。廃プラスチックの回収からリサイクル製品の再利用までを通じて、地域活性化と環境負荷軽減の双方に貢献しています。
もっと見る→

COP28の成果と日本への影響

coki
2024/2/24
COP28の成果と日本への影響
COP28では、化石燃料からの脱却と「1.5℃目標」達成に向けた重要な合意が行われた。日本は、石炭火力の廃止など、化石燃料依存からの脱却を迫られているが、環境保全と経済成長のバランスをどのように取るかが今後の大きな課題である。
もっと見る→

トップ企業のサステナビリティレポート20選

coki
2024/2/24
トップ企業のサステナビリティレポート20選
サステナビリティレポート20選は、サステナビリティコミュニケーション協会のサステナビリティサイトアワード2024で選ばれた。大和ハウスとTDKが最優秀賞を獲得し、各企業のサステナビリティ活動が詳細に紹介されている。このレポートは、企業のサステナビリティ活動の重要性と影響を理解するための重要なリソースである。
もっと見る→

エシカミーがSDGs団体をサポートする美容バー

ミラサス
2024/2/28
エシカミーがSDGs団体をサポートする美容バー
エシカミーは全国のSDGs団体にエティークの固形コンディショナーバーを合計2万個配布することで、エシカルな活動を支援しています。この取り組みは、環境に配慮した製品を通じて、サステナブルな消費を促進し、環境問題への意識を高めることを目指しています。また、Ethique製品はプラスチックフリーであり、サステナブルな美容を実現するための一歩となっています。
もっと見る→

エティークがSDGs学生団体イベントをサポート

ミラサス
2024/2/28
エティークがSDGs学生団体イベントをサポート
エティークは、サステナブルなビューティーバーブランドとして、2024年2月10日に行われたSDGs学生団体イベントに協賛しました。このイベントでは、環境問題への取り組みやサステナブルな消費を促進することを目的としており、エティークの製品は100%プラスチックフリーであることが強調されました。また、エティークは海洋プラスチックごみ問題への対策として、自社製品のサステナブルな生産と消費を推進しています。
もっと見る→

世界と企業のネイチャーポジティブへの取り組み

脱炭素ポータル
2024/2/29
世界と企業のネイチャーポジティブへの取り組み
ネイチャーポジティブの実現に向け、生物多様性と自然資本の保全が重要視されています。世界各国では30by30目標達成に向けた取り組みや、企業に対する自然資本の保全と情報開示の要請が強化されており、持続可能な経済活動の促進が求められています。
もっと見る→

横浜市とJALの使用済み食用油リサイクルプロジェクト

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/28
横浜市とJALの使用済み食用油リサイクルプロジェクト
横浜市と日本航空は、使用済みの食用油を回収して次世代航空燃料「SAF」の原料として活用するプロジェクトを3月から開始します。この取り組みは、脱炭素社会の実現に向けた重要なステップであり、市民が直接参加することで、脱炭素への理解と関心を深めることを目指しています。
もっと見る→

JR東日本の燃料電池鉄道車両の試験走行

日本放送協会 NHKニュース
2024/2/28
JR東日本の燃料電池鉄道車両の試験走行
JR東日本は、2030年度の実用化を目指して開発中の燃料電池鉄道車両の試験走行を公開しました。この車両は、水素タンクを屋根上に設置し、燃料電池で発電することで、二酸化炭素の排出なしに走行可能です。試験走行は神奈川県の鶴見線で行われ、水素一回の充填で約140キロメートルの走行が可能です。JR東日本はこれを通じて、脱炭素社会の実現に貢献したいとしています。
もっと見る→

TDKの技術革新で実現する持続可能性

coki
2024/3/6
TDKの技術革新で実現する持続可能性
TDK株式会社は、1935年の創業以来、技術革新を通じて社会の発展に貢献してきました。SDGsへの取り組みでは、健康と福祉の向上、クリーンエネルギーの普及、および5G通信の基盤強化など、多角的なアプローチを展開しています。これらの取り組みは、持続可能な幸福社会の実現を目指しています。
もっと見る→

伊藤忠商事の子ども向けSDGs取り組み

coki
2024/3/6
伊藤忠商事の子ども向けSDGs取り組み
伊藤忠商事は、遊びを通して子どもたちにSDGsを教育する「ITOCHU SDGs STUDIO KIDS PARK」と「ITOCHU SDGs STUDIO DOME」を展開。これらは子どもたちがSDGsを身近に感じ、理解を深めることを目指す取り組みです。プロジェクトを通じて、SDGsへの関心を高め、次世代への教育に貢献しています。
もっと見る→

旭化成のサステナブルな挑戦

coki
2024/3/6
旭化成のサステナブルな挑戦
旭化成は、「Care for People」「Care for Earth」をテーマに、サステナブルな社会の実現を目指しています。目標7(クリーンなエネルギー)にはCO2削減技術の開発、目標11(住み続けられるまちづくり)にはIoT防災情報システム、目標13(気候変動対策)には温室効果ガス排出量の削減目標設定に取り組んでいます。
もっと見る→

ニッスイの持続可能な水産資源利用

coki
2024/3/6
ニッスイの持続可能な水産資源利用
ニッスイは創業の理念として水産資源を可能な限り新鮮な状態で提供し、持続可能な社会への貢献を目指しています。2022年には「Good Foods 2030」を発表し、持続可能な価値創造に向けた取り組みを強化しています。社会課題に取り組む重要課題を定め、SDGsの達成を意識した活動を展開しています。
もっと見る→

TOPPANホールディングスのSDGs革新戦略

coki
2024/3/6
TOPPANホールディングスのSDGs革新戦略
TOPPANホールディングスは、社会的価値を重視し、環境保護を先駆けて取り組む企業として、安全で豊かな社会の実現、食品ロス削減、教育支援を通じてSDGsの目標達成に努めています。特にデジタル技術を活用した革新的な取り組みが注目されています。
もっと見る→

芝浦工業大学がカーボンニュートラルガス導入

SDGs ニュース
2024/3/11
芝浦工業大学がカーボンニュートラルガス導入
芝浦工業大学は、大宮キャンパスでの都市ガスをカーボンニュートラル都市ガスに切り替え、2024年4月より年間約1000t-CO2の削減を目指します。この取り組みは、持続可能なグリーンキャンパスの実現と、環境保全に対する強いコミットメントを示しています。
もっと見る→

ブルーカーボン: 地球温暖化への新戦略

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/3/14
ブルーカーボン: 地球温暖化への新戦略
ブルーカーボンとは、海洋生態系によって吸収・貯蔵される炭素のことで、地球温暖化対策に効果的です。海草藻場、海藻藻場、湿地・干潟、マングローブ林がブルーカーボン生態系を形成。カーボンニュートラルへの貢献や「Jブルークレジット」制度の開始により注目されています。しかし、ブルーカーボン生態系は壊れやすく、保全が重要です。セブン‐イレブン・ジャパンや東洋製罐グループホールディングスなどの企業が保全に取り組んでいます。
もっと見る→

日本のGX(グリーントランスフォーメーション)の進展

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/3/5
日本のGX(グリーントランスフォーメーション)の進展
GX(グリーントランスフォーメーション)は、カーボンニュートラルや持続可能な社会実現を目指す取り組み。経済産業省はGXを社会全体の変革と定義し、トヨタやENEOSなどの企業が具体的な取り組みを行っています。
もっと見る→

愛知でのアンモニア混合発電実験

日本放送協会 NHKニュース
2024/3/13
愛知でのアンモニア混合発電実験
愛知県碧南市のJERA碧南火力発電所では、脱炭素社会実現に向け、石炭火力発電の燃料の一部にアンモニアを混ぜる大規模実証実験が行われています。アンモニア混合比率を50%以上に高める実験や、2040年代にはアンモニアだけで発電する技術の実用化を目指しています。
もっと見る→

U35のための環境起業家支援「BEE」プログラム開始

SDGs ニュース
2024/3/15
U35のための環境起業家支援「BEE」プログラム開始
WWFジャパンは、35歳以下の若者を対象とした環境起業家支援プログラム「BEE」を開始。このプログラムは、次世代の環境リーダーを育成し、生物多様性の回復と脱炭素社会の実現を目指しています。参加者には、6か月間の実践的な指導とサポートが提供され、持続可能なビジネスモデルの開発を促進します。
もっと見る→

必見!ZEB建築の重要性とメリット

脱炭素ポータル
2024/3/19
必見!ZEB建築の重要性とメリット
ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)は、快適な室内環境を実現しながら建物全体で使用するエネルギーの収支をゼロにすることを目指します。この取り組みは、ビルのオーナー、テナント、自治体にとって多くのメリットがあり、省エネや健康的な労働環境の提供に加え、将来的な規制への対応やリスクの低減にも寄与します。
もっと見る→

環境省が展開する「くらしの10年ロードマップ」

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2024/3/21
環境省が展開する「くらしの10年ロードマップ」
環境省はカーボンニュートラル実現に向け、「くらしの10年ロードマップ」を発表し、国民のライフスタイル変革を促しています。この取り組みは、光熱費削減などの直接的メリットを提案し、PDCAサイクルによる進捗フォローアップを計画しています。
もっと見る→

IPEF会合、再生可能エネルギーへの大規模投資

日本放送協会 NHKニュース
2024/3/15
IPEF会合、再生可能エネルギーへの大規模投資
IPEF閣僚会合では、2030年までに再生可能エネルギーへの1200億ドル投資を促進することで合意。日本やアメリカを含む14か国が参加し、脱炭素社会への移行を目指しています。また、新興国の脱炭素実現支援のための基金への資金協力も確認されました。
もっと見る→

ゼロボードのタイ進出とGHG削減支援

2024/3/19
ゼロボードのタイ進出とGHG削減支援
ゼロボードは、サプライチェーン単位での温室効果ガスの排出量算定・可視化を行うクラウドサービスを提供。タイに現地法人を設立し、急速にサービスを展開している。創業者の金融業での経験から、環境意識の高まりとESGへの取り組みの重要性を感じ、Zeroboardの開発を始めた。現在、日本での顧客数は2600社に及ぶ。タイでは、日本の顧客企業のニーズとローカル企業からの高い関心を背景に進出した。
もっと見る→

関西ビジネスインフォメーションがGX支援コースを提供

2024/3/21
関西ビジネスインフォメーションがGX支援コースを提供
関西ビジネスインフォメーションは、グリーントランスフォーメーション(GX)を推進するためのeラーニングコースを開始。このコースは、企業が環境問題に正しく取り組むための基礎知識や、GXへの取り組みの重要性を学ぶことができる内容となっています。
もっと見る→

フクシマガリレイが「脱炭素エキデン365」に参画

2024/3/21
フクシマガリレイが「脱炭素エキデン365」に参画
株式会社スタジオスポビーは大阪府と協力して「脱炭素エキデン365」プロジェクトを開始し、フクシマガリレイ株式会社が参加を表明。同プロジェクトでは、企業や従業員がCO2排出抑制に取り組み、エコライフアプリを通じて脱炭素活動を可視化し、環境保護に貢献することを目指します。
もっと見る→

2023年CDPスコアで輝く企業の環境取り組み

coki
2024/3/29
2023年CDPスコアで輝く企業の環境取り組み
2023年のCDPスコアで、気候変動、フォレスト、水セキュリティの各分野でAリストを獲得した企業に注目。特に、花王と積水ハウスは全分野でAリストに名を連ね、その他多くの企業が各分野で環境保護への取り組みを進めています。これらの企業はカーボンニュートラル達成に向けた具体的な施策や、持続可能な資源利用などに積極的に取り組んでいます。
もっと見る→

中小企業のためのESG経営ガイド

coki
2024/3/28
中小企業のためのESG経営ガイド
中小企業にも求められるESG経営の重要性が高まっており、環境問題への貢献、ステークホルダーからの評価向上、資金調達やコスト削減の可能性の増加がメリットとして挙げられます。また、経営戦略としてESGを取り入れることで、企業の持続可能性の強化と長期的な成長が期待できます。
もっと見る→

柏の葉UDCKとDNPによる環境イニシアティブ

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/3/28
柏の葉UDCKとDNPによる環境イニシアティブ
柏の葉UDCKとDNPが連携し、環境問題に取り組む新たな取り組みを発表した。地域の持続可能性向上に注力し、CO2排出削減のための提案が生まれた。
もっと見る→

地球の限界とSDGsに基づく持続可能な行動

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/3/28
地球の限界とSDGsに基づく持続可能な行動
プラネタリーバウンダリーは、地球の安全な活動範囲を定義し、9つの項目で地球環境の限界を示します。これには気候変動、新規物質の導入、生物多様性の喪失などが含まれ、すでにいくつかの項目で限界を超えています。SDGsとの関係も深く、持続可能な開発目標の達成には、これらの限界を超えないよう取り組むことが重要です。
もっと見る→

コスモエナジーと岩谷産業、水素エネルギーで資本業務提携

日本放送協会 NHKニュース
2024/3/28
コスモエナジーと岩谷産業、水素エネルギーで資本業務提携
コスモエナジーと岩谷産業は、水素エネルギーを核とした次世代エネルギー供給に向け、資本業務提携の協議を進めている。岩谷産業はコスモエナジーの筆頭株主となり、双方は脱炭素社会の実現に向けた協業を強化。具体的な協議を進行中で、早期の合意を目指しています。
もっと見る→

再生可能エネルギーの送電網新設への大規模投資

日本放送協会 NHKニュース
2024/3/25
再生可能エネルギーの送電網新設への大規模投資
再生可能エネルギーの導入拡大に向け、日本は北海道と東京、九州と中国地方を結ぶ送電網の新設および増強に1兆5000億円以上を投資。2030年代前半には送電容量を現在より30%増やす計画で、脱炭素社会の実現とエネルギーの安定供給の両立を目指す。
もっと見る→

愛媛県と銀行の脱炭素支援協定

日本放送協会 NHKニュース
2024/3/29
愛媛県は、伊予銀行と愛媛銀行との間で脱炭素社会の実現に向けた協定を結びました。この協定により、「えひめ脱炭素経営支援コンソーシアム」を新設し、県内企業の経営支援や人材育成で協力します。愛媛県は2030年度までに2013年度比で46%の温室効果ガス削減を目指しており、特に産業部門の取り組み強化が求められています。
もっと見る→

紀陽銀行とバイウィルが和歌山県の脱炭素を加速

2024/3/28
紀陽銀行とバイウィルが和歌山県の脱炭素を加速
株式会社バイウィルと紀陽銀行は、和歌山県の脱炭素とカーボンニュートラル実現に向け、「カーボンクレジットに関する連携協定」を締結しました。この協定により、環境価値の創出・流通を促進し、「地産地消」による和歌山県内での環境価値と経済価値の循環を目指します。また、和歌山県内の脱炭素化を支援する4つの取り組みが紹介されています。
もっと見る→

japan-gx-policy-carbon-neutral-path

coki
2024/4/1
japan-gx-policy-carbon-neutral-path
この記事では、日本のGX(グリーン・トランスフォーメーション)政策と、2050年のカーボンニュートラル目標達成に向けた取り組みが詳述されています。GX政策の現状としては、再生可能エネルギーの導入拡大、電化の推進、新技術の開発に焦点が当てられており、特に「GX推進法」に基づく150兆円の投資計画が重要な役割を果たすことが強調されています。また、水素社会の実現や再生可能エネルギー政策など、具体的な技術的進展と政策的な方向性についても触れられています。
もっと見る→

循環経済による脱炭素社会への挑戦

脱炭素ポータル
2024/3/29
循環経済による脱炭素社会への挑戦
この記事は、循環経済(サーキュラーエコノミー)と脱炭素社会の実現に必要な関係性について詳細に説明しています。国立環境研究所の田崎智宏氏が、循環経済の基本概念、リユース・リデュース・リサイクルの重要性、及びその脱炭素への貢献について説明。さらに、EUやアメリカにおける具体的な循環経済の取り組みや目標が紹介されています。この記事を通じて、循環経済が脱炭素社会の実現に不可欠であることを理解できます。
もっと見る→

GEL-LYTE III CM 1.95: アシックスの持続可能性への新たな一歩

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/4/2
GEL-LYTE III CM 1.95: アシックスの持続可能性への新たな一歩
アシックスは、温室効果ガスの排出量が世界最少とされるスニーカー「GEL-LYTE III CM 1.95」をリリースしました。この製品は、カーボン・ネガティブ・フォームやリサイクル素材の採用など、環境への配慮がなされており、業界におけるサステナビリティの模範となっています。また、アシックスは2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにするという目標を掲げ、環境保護に関するさまざまな取り組みを進めています。
もっと見る→

日本の新エネルギー基本計画: 脱炭素と安全保障を中心に

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/1
日本の新エネルギー基本計画: 脱炭素と安全保障を中心に
日本政府は、脱炭素社会の実現とエネルギー安全保障の強化を目指して、「エネルギー基本計画」を見直す方針です。この見直しでは、2035年度以降の電源構成、特に原子力発電の利用拡大と再生可能エネルギーの導入に焦点を当て、2050年の温室効果ガス排出量実質ゼロ目標の達成を目指しています。また、火力発電の削減も重要な議論点とされています。
もっと見る→

巨大メタノール船、脱炭素への新航路

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/4
巨大メタノール船、脱炭素への新航路
1日280トンのCO2削減効果
もっと見る→

高知県が脱炭素社会実現に向けた特設サイトを公開

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/5
高知県は脱炭素社会の実現を目指し、「こうちの脱炭素スタートサイト『こっから。』」を新たに公開しました。このサイトでは、2050年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げ、家庭や企業などでの脱炭素に向けた取り組みへの支援制度を紹介しています。また、脱炭素取り組みの具体的な方法や地球温暖化の暮らしへの影響も解説しており、県民が脱炭素に貢献できる方法を知ることができます。
もっと見る→

日本の環境政策と欧米の脱炭素戦略

2024/4/5
欧米では気候変動政策が経済政策と一体化しており、EUは炭素国境調整メカニズムを導入し、米国は55兆円を投じて気候変動対策支援を実施している。これらの政策は、脱炭素を進めるとともに国内産業を保護する目的があり、日本企業も126社が環境対策で最優秀に選ばれるなど、環境対策に力を入れているが、欧米の戦略に対抗するためにはさらなる施策が求められる。
もっと見る→

京セラがGXリーグに参画し、脱炭素社会への挑戦

2024/4/4
京セラがGXリーグに参画し、脱炭素社会への挑戦
京セラ株式会社は、脱炭素への移行を目指しGXリーグに参画しました。京セラグループは、気候変動対策を経営課題の一つとし、TCFDの枠組みに則ったガバナンス体制の構築、シナリオ分析によるリスク・機会の評価、事業戦略への反映などを実施。再生可能エネルギー導入や省エネ対策を通じて、2050年のカーボンニュートラル達成に向けた環境負荷低減に取り組んでいます。
もっと見る→

福岡未来づくり住宅によるCO2削減への道

SDGs ニュース
2024/4/9
福岡未来づくり住宅によるCO2削減への道
福岡県が展開する『福岡未来づくり住宅』プロジェクトは、高性能な省エネ住宅の建設を通じてCO2排出量を削減し、再生可能エネルギーの利用を促進しています。住宅購入者に対しては最大140万円の補助金が提供され、新技術としてのPPAモデルが導入されています。この取り組みは全国で初めての試みであり、福岡県の地球温暖化対策実行計画の目標達成に貢献することが期待されています。
もっと見る→

提案: 再エネ施設の拡大と点検制度の進化

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2024/4/2
日本テクノは経済産業大臣に再生可能エネルギー施設の拡大と点検制度の見直しを提案しています。この提案は、技術者の不足とデジタル点検技術の進歩を背景に、点検間隔を延長し、遠隔常時状態監視システムを導入することを含んでいます。これにより、安全性を保ちながら、運用コストの削減と効率化を図ることができます。
もっと見る→

経済産業省のGXスタートアップガイダンス発表

2024/4/1
経済産業省のGXスタートアップガイダンス発表
経済産業省は、脱炭素と産業競争力を強化するGX(グリーントランスフォーメーション)を推進するため、スタートアップの成長モデル創出ガイダンスを2024年3月29日に発表しました。このガイダンスは、量産化前の資金調達問題としてLOIやオフテイク契約の活用を提案し、日本のスタートアップが国際競争で遅れを取る可能性を克服するための具体的な戦略を提供します。
もっと見る→

日米首脳会談で進む脱炭素と半導体協力

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/9
日米首脳会談で進む脱炭素と半導体協力
齋藤経産相はアメリカ訪問中に、岸田総理大臣と共に日米間の協力を強化する目的で複数の会談を予定しており、脱炭素社会の実現と半導体供給チェーンの強化に関する協議が主な議題です。この訪問は、国際情勢の不安定さの中で、同盟国としての結束を確認し、具体的な進展を目指す貴重な機会と位置づけられています。
もっと見る→

サントリーHDが水素でウイスキー蒸留の革新

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/11
サントリーHDが水素でウイスキー蒸留の革新
サントリーホールディングスは、ウイスキー製造の蒸留工程において水素を燃料として使用する実証実験を進めています。この革新的な取り組みは、脱炭素化を目指し、味や風味を保ちながらの生産が可能であると評価されています。栗原勝範執行役員は、水素活用によるコスト増を認識しつつも、将来の価値提供を視野に入れています。
もっと見る→

バイデン政権が産業部門の脱炭素化に投資

2024/4/12
バイデン政権が産業部門の脱炭素化に投資
バイデン政権は産業部門の脱炭素化を推進し、化学、鉄鋼、食品などの分野でCO2排出量を削減する技術開発に9,079億円を投資。この投資は、排出量削減が困難な産業分野のプロジェクト33件を支援し、IRAとBILによる気候変動対策の一環として、総額5000億ドルが割り当てられています。
もっと見る→

脱炭素地域支援でパシフィックパワーと三菱HCキャピタル連携

2024/4/11
脱炭素地域支援でパシフィックパワーと三菱HCキャピタル連携
パシフィックパワーと三菱HCキャピタルは、脱炭素先行地域として指定された滋賀県湖南市と高知県日高村において、特別目的会社を設立し脱炭素設備の導入を支援します。これにより、自治体新電力が設備導入の負担を軽減し、地域全体の脱炭素化を進めることが可能になります。2024年のプロジェクトでは、専門的な業務支援も行い、環境省の目標達成に貢献しています。
もっと見る→

suntoryの水素蒸留でウイスキー製造の脱炭素化

2024/4/11
サントリーはウイスキー製造の直火蒸留に世界で初めて水素を利用し、CO2排出ゼロの実験に成功。技術的な課題には東京ガスが協力し、品質と味の維持を確認。山梨県の蒸留所で継続して実証実験を進め、将来的には商品化を目指しています。
もっと見る→

ビル・ゲイツ氏支援の革新的CO2貯蔵技術

2024/4/1
ビル・ゲイツ氏支援の革新的CO2貯蔵技術
ビル・ゲイツ氏が支援するブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズは、工学と自然の光合成を融合させた炭素除去技術を開発しています。この技術により、廃棄物系バイオマスを乾燥し、高密度のカーボンブロックに加工後、特殊なポリマー層で封入して地下に安全に貯留します。これにより、CO2が再放出されることなく、長期間にわたり炭素が閉じ込められます。
もっと見る→

羽田空港とENEOSの脱炭素社会への取り組み

2024/4/10
羽田空港とENEOSの脱炭素社会への取り組み
日本空港ビルデングとENEOSは羽田空港で水素発電と供給インフラの整備を進めています。これにより、2030年には羽田空港のCO2排出量削減と持続可能な社会の実現を目指します。日本空港ビルは「To Be a World Best Airport」を掲げ、気候変動対策として、2030年には2013年比でCO2排出量46%削減を目標に設定しています。
もっと見る→

次世代エコ紙「ボタニカルペーパー」の可能性

ミラサス
2024/4/18
次世代エコ紙「ボタニカルペーパー」の可能性
「ボタニカルペーパー」とは、化学成分を使用せずに植物由来の成分で作られた紙であり、ジャガイモのデンプンや使われなくなったお米を活用しています。特に「キュリアスマター」はジャガイモ由来で、さまざまな色彩と加工が可能ですが、大量印刷には適していません。「kome-kami」はお米を用いており、食品ロス削減にも貢献しながらCO2削減を実現しています。また、売上の一部はフードバンクへ寄付されています。
もっと見る→

政府によるGX機構設立と排出量取引制度

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/19
政府によるGX機構設立と排出量取引制度
政府は脱炭素社会の実現を目指して、企業間での二酸化炭素排出量の売買を可能にする「排出量取引制度」を支えるために新たな機構「GX=グリーントランスフォーメーション推進機構」の設立を認可しました。この機構は2024年7月から業務を開始し、2026年度からは制度の本格運用を開始、2028年度からは化石燃料を輸入する企業に賦課金を課す計画です。
もっと見る→

三井物産と三菱商事がリチウム開発事業に注力

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/15
三井物産と三菱商事がリチウム開発事業に注力
三井物産はアメリカ企業アトラスリチウムへの3000万ドルの出資と、31万5000トンのリチウム精鉱の買取契約を締結し、ブラジルでのリチウム鉱山開発を進めています。また、三菱商事はカナダの企業フロンティア・リチウムと合弁会社を設立し、オンタリオ州での鉱山開発に参画。これらの活動は、日本のEV市場の拡大と環境持続可能な開発を支援しています。
もっと見る→

現実的課題とビジネスのチャンスを解明

2024/4/5
現実的課題とビジネスのチャンスを解明
脱炭素化の道は100%達成に向けて多くの困難を伴います。2030年までの中間目標には時間が少なく、完全な脱炭素化を目指す企業や自治体はさまざまな障害に直面しています。三郷町が計画を中止したのは、地元の同意が得られなかったためで、他の地域でも類似の問題が発生しています。このコラムでは、その具体的な背景と、脱炭素化がもたらすビジネスチャンスについても掘り下げています。
もっと見る→

持続可能な未来への一歩:長期脱炭素オークション

2024/4/11
持続可能な未来への一歩:長期脱炭素オークション
2024年1月に始まった長期脱炭素電源オークションは、2050年に向けたカーボンニュートラルを達成するための一環として設立されました。この制度は、電源の供給力を保持しつつ、長期的な投資予見性を提供する目的を持っています。初回オークションは大きな関心を集め、電力広域的運営推進機関によると、この新しい取り組みが徐々に認知されつつあります。
もっと見る→

積水メディカル岩手工場の緑の脱炭素取り組み

2024/4/18
積水メディカル岩手工場の緑の脱炭素取り組み
積水メディカル岩手工場は自然環境保護活動に取り組み、国から「自然共生サイト」として認定されました。工場は生物多様性の保全を目指し、希少生物の保護と環境への影響を最小限に抑える技術を導入しています。また、環境配慮型の水利用と先進的な排水処理システムにより、持続可能な工場運営を実現しています。
もっと見る→

SDGsの取り組みを進める日本の試み

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2024/4/25
SDGsの取り組みを進める日本の試み
日本はSDGsの達成に向けて多くの努力をしていますが、特に目標4「質の高い教育をみんなに」と目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」は達成済みとされています。しかし、目標13「気候変動に具体的な対策を」といった環境問題に対する課題は依然として存在しており、これらの目標に対する具体的なアクションが求められています。​
もっと見る→

日本のエネルギー消費とCO2排出量の減少傾向

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2024/4/25
日本のエネルギー消費とCO2排出量の減少傾向
2022年度、日本のエネルギー消費は2.9%減少し、CO2排出量も2年連続で減少し、9.6億トンを記録した。再生可能エネルギーの利用は10年連続で増加し、電源構成で再エネが21.7%を占めるようになった。これらの変動は、経済産業省の最新データに基づいている。
もっと見る→

日本の脱炭素社会に対する意識調査結果

エコニュース|環境・省エネ・電気に関するWebメディア
2024/4/25
2023年11月に内閣府が実施した気候変動に関する世論調査では、3000人の国民を対象に、気候変動問題、脱炭素社会、気候変動影響、気候変動適応の4項目について質問した。調査結果によると、気候変動問題に対する関心は高く、脱炭素社会の認知度が前回調査に比べて向上している。特に「夏の暑さ」や「雨の降り方の激しさ」を気候変動の影響と感じる人が多かった。
もっと見る→

kome-kami、バナナペーパー、ZERO CO2 PAPERのエコ比較

ミラサス
2024/4/25
kome-kami、バナナペーパー、ZERO CO2 PAPERのエコ比較
この記事では、kome-kami、バナナペーパー、ZERO CO2 PAPERという三種類の環境に優しい紙について詳しく解説しています。各紙の特徴、生産背景、それぞれが解決を目指す社会問題に焦点を当てています。読者は、これらの紙がどのように環境負荷を減らし、持続可能な社会に貢献しているかを理解できます。
もっと見る→

新制度で企業の環境データ開示が促進

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/23
新制度で企業の環境データ開示が促進
2024年より「省エネ法」改正に基づき、大企業に対し温室効果ガス排出量等の報告が義務化されました。356の事業者が環境データを開示し、愛知製鋼では再生可能エネルギーの使用を積極的に進めています。これにより、脱炭素社会への移行が促され、環境意識の高い投資を引き寄せることを目指しています。
もっと見る→

川崎市が廃棄物で再生可能エネルギー供給

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/21
川崎市が廃棄物で再生可能エネルギー供給
川崎市及び民間企業が設立した「川崎未来エナジー」が、市内の廃棄物処理施設で発生した廃熱を利用して発電し、その電力を市内約200の公共施設に供給開始しました。この取り組みにより、川崎市は2030年までに2013年度比で温室効果ガスを50%削減する目標に向けて前進しています。この電力供給によるCO2削減効果は年間約48000トンです。
もっと見る→

2024年カーボンリサイクル技術の最前線

SDGs ニュース
2024/5/1
2024年カーボンリサイクル技術の最前線
名古屋産業科学研究所と東京理科大学カーボンバリュー研究拠点は、2024年5月17日に東京理科大学神楽坂キャンパスで「炭素循環で未来を創る!オープンイノベーションのための異分野交流2024」を開催。このイベントは、新しい炭素循環技術の社会実装を目指し、業界リーダーによる講演や新技術の展示、資金調達の相談などを含む32の企画を通じて、研究者、起業家、企業関係者などが情報交換する場を提供します。
もっと見る→

ツバルと海面上昇の現実と対策

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/4/30
ツバルと海面上昇の現実と対策
ツバルは太平洋の小さな島国で、温暖化による海面上昇の最前線にあります。海面上昇の主な原因は海水温の上昇と氷河の融解で、これが特に低地の国々に甚大な影響を及ぼしています。ツバルでは、海水温度が1℃上昇すると、水面は約0.025%膨張し、水深500mの海水が2℃温まると、水位は約25cm上昇します。
もっと見る→

海藻によるブルーカーボンの取組みを国連へ報告

SMART CITY NEWS(スマートシティニュース)
2024/5/2
海藻によるブルーカーボンの取組みを国連へ報告
環境省は2024年に海藻によるブルーカーボンを国連に報告し、これは世界初の試みです。横浜市と福岡市はブルーカーボンのクレジット化を進行中であり、Jブルークレジット制度も急速に拡大しています。これらの取り組みは、地域におけるGHG吸収量の増加と持続可能な開発を促進しています。
もっと見る→

日本とブラジルが気候変動対策で新枠組み合意

日本放送協会 NHKニュース
2024/5/4
日本とブラジルが気候変動対策で新枠組み合意
2024年5月4日、岸田首相はブラジルのルーラ大統領と会談し、気候変動対策での新たな政府間枠組みを設けることで合意。合意にはアマゾン森林保護のための資金拠出や、脱炭素化への共同取り組みが含まれています。また、2025年に予定されるCOP30の成功を目指し、具体的な協力策が発表されました。
もっと見る→

東京ガスとJERA、再生可能エネルギーに積極投資

日本放送協会 NHKニュース
2024/5/6
東京ガスとJERA、再生可能エネルギーに積極投資
日本の主要エネルギー企業が化石燃料依存を減らすため、再生可能エネルギーへの投資を強化しています。東京ガスは2030年までに再エネ能力を4倍に増やす計画で、約6000億円を投資する予定です。JERAは新会社を立ち上げ、再エネプロジェクトに2035年までに1兆円以上を投資する計画です。これらの投資は、日本のエネルギー大手が炭素中立を目指す広範な動きの一環です。
もっと見る→

G7閣僚がイタリア・トリノで環境対策を議論

日本放送協会 NHKニュース
2024/4/30
G7閣僚がイタリア・トリノで環境対策を議論
イタリア・トリノで行われたG7気候・エネルギー・環境相会合では、環境政策が重点的に議論されました。特に、2030年代の前半には石炭火力発電を段階的に廃止し、再生可能エネルギーの発電容量を2030年までに3倍に引き上げることが計画されています。この方針は、世界の温暖化対策を強化し、持続可能な開発を促進する重要なステップです。
もっと見る→

三千年未来会議がサステナビリティへの新たな提案

SDGs ニュース
2024/5/17
三千年未来会議がサステナビリティへの新たな提案
三千年の未来会議財団とパーセフォニ・ジャパン合同会社は、2024年4月に「未来に生き残る企業はなぜサステナビリティに積極的なのか?」と題したセミナーを開催しました。このセミナーでは、炭素会計とサステナビリティ開示の重要性に焦点を当て、日本企業に対して持続可能な経営を促すための新たな動向と戦略が提示されました。参加者は、これらのツールを使用して、企業価値を高める具体的な方法について学びました。
もっと見る→

石塚硝子が卵の殻でガラス製造を実現

coki
2024/5/17
石塚硝子が卵の殻でガラス製造を実現
石塚硝子株式会社は、ガラスの主原料の一つとして石灰石の代わりに卵の殻を使用する革新的なプロジェクトを2022年に開始しました。この取り組みにより、卵の殻をリサイクルして年間約60トンのCO2排出削減を実現。これは食品産業の副産物を有効活用し、環境負荷を低減する一例として評価されています。
もっと見る→

サステナブルな新紙素材の可能性と展望

ミラサス
2024/5/7
サステナブルな新紙素材の可能性と展望
サステナブルな紙素材として紹介される新しい種類の紙は、環境保護と資源有効活用に注目されています。再生紙やFSC認証紙は環境に配慮した製品として知られ、新たに開発された植物由来のボタニカルペーパーなどは、特有の機能を活かし新しい市場を開拓しています。これらの紙素材は、企業や消費者が環境負荷の低減を目指すうえで重要な役割を担っています。
もっと見る→

日本企業のゼロカーボン取り組みの動向

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/5/14
日本企業のゼロカーボン取り組みの動向
ゼロカーボンとは、企業や家庭から排出される温室効果ガスを実質ゼロにする取り組みです。近年、日本を含む多くの国が2050年までにカーボンニュートラルを目指しており、再生可能エネルギーやカーボン・オフセットが重要な役割を果たしています。企業例としては、マイクロソフトやダノンなどがあり、それぞれ独自の戦略を展開しています。
もっと見る→

エプソンがEARTH HOUR 2024に参加

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/5/10
エプソンがEARTH HOUR 2024に参加
エプソンはEARTH HOUR 2024で初のインターナショナルパートナーシップを締結し、消灯イベントを含む様々な活動を通じて気候変動防止と生物多様性の保全を推進しています。このパートナーシップは、エプソンの環境への取り組みを強化し、企業として地球環境保護への貢献を目指すものです。再生紙やLEDキャンドルを用いたイベントは、環境に優しい取り組みの具体例を提供し、参加者に自然保護の重要性を実感させました。
もっと見る→

スーパーエルニーニョ現象の影響と私たちにできること

GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア
2024/5/16
スーパーエルニーニョ現象の影響と私たちにできること
スーパーエルニーニョ現象により、日本を含む全世界で異常気象が頻発しています。この現象は、極端な気候変動を引き起こし、豪雨や猛暑、豪雪などの自然災害につながりやすいです。具体的な対策として、個々の温暖化対策や災害時の備蓄、家族での避難計画の共有などが重要です。これにより、私たちは自然災害に対する準備を進め、影響を最小限に抑えることができます。
もっと見る→

日本の二酸化炭素回収技術CCSの法制化

日本放送協会 NHKニュース
2024/5/17
日本で二酸化炭素回収と貯蔵(CCS)技術の実用化を推進するための新法が成立しました。この法律により、CCS事業を行う事業者には許可が必要とされ、厳格な規制のもとでの運用が求められます。この取り組みは、日本のカーボンニュートラル目標達成に貢献し、再生可能エネルギーと併用することで、環境負荷の低減を目指します。
もっと見る→

政府が新たな脱炭素国家戦略を策定

日本放送協会 NHKニュース
2024/5/13
政府は脱炭素社会の実現とエネルギーの安定供給を目指す新たな国家戦略を策定しました。この戦略には、2030年までに温室効果ガスを削減する具体的な目標が設定され、企業にはCO2の排出量に応じたコストを負担させる排出量取引の導入が含まれています。この政策は、持続可能なエネルギー供給と経済成長を同時に達成するためのものです。
もっと見る→